MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通総研、5年後のインターネット広告費は7500億円規模に成長と予測

2007/04/17 00:00

 電通総研は4月16日、2007年から2011年までのインターネット広告費の全体と分野別の試算を発表した。

 資料によると、2007年のインターネット広告費は4,534億円、成長率は24.9%、成長金額は904億円と予測している。インターネット広告費は今後5年間で、平均成長率15.8%、平均成長金額は786億円の高水準で推移。2011年には7,558億円に達する見込みで、これは実に2006年実績の2.08倍となる。

 また分野別に見ると、バナー広告、テキスト広告、動画広告、Eメール広告などの「固定ネット広告費」は、2011年に4,009億円に拡大。「検索連動広告費」は、2011年に2,265億円に達する。「モバイル広告費」は2011年までに平均年間成長率26.9%というハイペースで1,284億円に成長。うち純広告は789億円、モバイル検索連動広告は494億円。

2007年と2011年のインタネット広告費予測(データは電通総研)

 電通総研は、インターネット広告費の全体の成長は次第に落ち着きを見せ、2011年以降は1桁成長時代を迎えるとしている。

プレスリリース:「電通総研 2007年~2011年のインターネット広告費に関する試算を発表」 (PDF)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5