SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

カブト虫を育てる女子、花に感動する男子
子どもたちが撮った写真で読み解く「子どものキモチ」

 ADKが実施した「こども目線調査2010」では、全国の園児(5~6歳)から小学校高学年の男女、あわせて342人から回答を得た。この調査では、子どもにテーマを与えて写真を撮ってもらい、それに従来の記述調査を加えた新しいアプローチをとっている。

 「感動したこと」の写真として多くあがったのは、花などの植物の成長や生き物に関すること。特徴的なのは、「水仙がいっぱい咲いたから、うれしかった」(園児男子)、「わたしは毎年カブトムシの幼虫を育てています。今年は8匹です」(小3女子)というコメントに見られるように、花・植物の成長に感動する「女子的男子」と魚や昆虫などの生き物が気になる「男子的女子」ともいえる傾向が見られた。

生き物に興味のある女子は
「エサをあげるときによってくる金魚はわたしのことが好きみたい」
「カブトムシの幼虫が何匹大人になるか心配」と愛情を注いでいる

 また、「お気に入りの場所」というテーマでは、公園や家の中などの遊び場ではなく、自分にとって心地よい・落ち着ける場所をあげる子どもが多く見られた。なかには、洗濯籠の中や小さな寝袋、押入れやトイレのほか、ベランダのクーラーの室外機の上などの写真を撮っている子どももいた。

こんな場所が子どもたちのお気に入り

 「幸せとはどのようなものか?」という質問は小さい子どもには難しいのでは?という予想に反して、小さい子どももしっかりと直感的に答えており、「ひとりじゃないこと」(園児男子)、「お空の虹を見ること」(園児女子)などの回答が見られた。また、小学校高学年になると、「生きていられること」(小5男子)、「今のままの生活」(小6男子)、「こうして普通に生活できていること」(小5女子)」など、何気ない日常生活に幸せを感じていることが明らかになった。また兄弟姉妹がいることを幸せに感じている回答も見られた。

【関連記事】
男性7割が「自分は草食」、肉食女子は「頼りになる・つきあいたい」、
電通、「子ども自身が答える」インターネット調査手法を開発
現役パパを上回る、未婚男性の「子育て意欲」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/07/22 12:25 https://markezine.jp/article/detail/11043

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング