SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Twitterに続け!ミニブログ「もごもご」α版をドラゴンフィールドが無料提供

 ドラゴンフィールドは、ミニブログサービス「もごもご」のα版を、5月9日から無料で提供することを発表した。

 「ミニブログ」は、ブログのように長い文章を書き連ねるものではなく、1行か2行程度の短いテキスト・メッセージをアップしていくサービス。そのときの居場所や思ったことなどを、点のように並べていくだけだが、それがつながるとその人の1日の動きが見えてくる。そこにコメントや突込みを入れることもできるが、元のテキストがあっさりしているだけに、その反応もあっさりしていることから、「ゆるいコミュニケーション」が成立するサービスとして人気を集めている。その代表的なサービスが「Twitter」で日本国内でもユーザーが急増している。

「もごもご」はPCと携帯の両方で利用可能なサービス。
MarkeZineのマスコット、カッパのMZ君もさっそく登録。

 現在、友人知人の間で、ブログやSNSといったツールを通じて互いの生活の内容をシェアする人たちが増えており、そうしたコミュニティは「FTIC(Full-Time Intimate Community)」と呼ばれている。ドラゴンフィールドが開発した「もごもご」も、FTICのコミュニケーションツールとして位置付けられるもので、誰かの発言に対してコメントをつけたり、誰が見に来たかわかる「あしあと機能」や、興味あるキーワードを登録しておくと同じキーワードを登録している人と知り合いになれる「もごリンク機能」などが用意されている。

 「もごもご」は現在α版だが、ユーザーのリクエストに応えながら、APIの公開や携帯からの写真や動画のアップ機能、プライバシー設定機能などを追加している予定だ。

プレスリリース:「Twitterライクのミニブログ「もごもご」α版無料提供開始」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング