SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

広告に見ている人の顔を取り込むデジタルサイネージ
「カオダシステム」

 移動体付随情報表示装置は、1台のビデオカメラで一定枠内の壁面(もしくは床面)を通過する複数人の動きを認識し、マンガのフキダシのようにそれぞれの人に個別の情報を表示させることができるデジタルサイネージシステム「フキダシステム」を開発。今回「ダシステム」シリーズの第2弾として、新たに「カオダシステム」を開発した。

「カオダシステム」は家庭用のパソコンがあれば十分作動可能。対象者の顔が
デジタルサイネージに取り込まれるこ とによって、広告と対象者の関係が身近なものになる

 カオダシステムは、 ビデオカメラで認識した顔を切り取り、デジタルサイネージに顔をはめ込むことができるので、おすすめの洋服を着たマネキンの顔に自分の顔をはめ込んだり、通行者へ当たり/はずれの情報を表示することでインスタントウィン方式のキャンペーンに利用することも可能だ。

【関連記事】
ぐるなび、飲食店情報を検索できるデジタルサイネージをJR渋谷駅に設置
キャラに似ている度合いに応じてクーポンなどを提供する「Adface」
デカ目・小顔・美肌…アバターまで整形で「カワイイ」を追求

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/09/09 10:35 https://markezine.jp/article/detail/11606

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング