SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

気になるあの会社に編集部がおじゃましてきました

制作会社の経験を活かした、中小企業向けWeb戦略サービスが急成長
ライトアップの社長に聞く!新入社員でもすぐ成果を出せる仕組み

 今もけっこう楽しいけれど、もっと自分が活躍できる場所や仕事があるかもしれない。そんなふうに考えているあなたに、編集部が「運命の会社」候補を紹介します。今回は、コンテンツ制作会社からインターネット事業会社へと変革中の株式会社ライトアップを訪ねました。

もはやベンチャーではない!「普通の会社」として社会的責任を果たしたい

 ネット系ベンチャーのメッカ、渋谷の一等地に本社を構える株式会社ライトアップ。2002年にWeb上のコンテンツ流通促進を目的として設立し、ブログによるバイラルコミュニケーション施策やSEO対策などを手がけるなど、常にネットビジネスの最先端を走り続けてきた。しかし、同社代表取締役の白石崇氏は「ベンチャー企業と呼ばれることに抵抗がある」と語る。

 「“ベンチャー企業”という言葉の意味の取り方次第ではあるのですが、あえて一般的なイメージに”甘え”が感じられることに違和感を感じています。たとえば、スタッフに長時間労働を強いる、親しい同士でつるむ、でも『ベンチャーなんだからいいじゃない』と許してしまう。それは"普通の会社”にはあり得ないでしょう」

 本来なら、これまでにない新しい事業を興す開拓者こそ「ベンチャー企業」と呼ばれるべき。しかし実際には、事業の先進性よりも、むしろ若くてルールに無頓着といった、企業として未熟な印象を持たれがちだ。一方、保守的といわれる大手企業をはじめとする「普通の会社」では、当然のように社会に貢献する新しいサービスやモノが続々と誕生し、新入社員がすぐに事業活動に参加して利益を出せる仕組みが整っている。そうしたイメージギャップに違和感があるのだという。

 「そもそも創業してまもなく9年目を迎える当社が、ベンチャーといって甘えていられませんから(笑)。”普通の会社”として社会にインパクトを与えられるような事業を立ち上げ、継続させていくための仕組みを作る。それが私のミッションだと考えています」

 そんな白石氏が自らリーダーとなり、新規事業として2008年に立ち上げたのが、中小企業を対象とした集客・運営支援事業である。現在サービスは20商材を越え、毎月複数の新しいサービスがリリースされているという。

 「もちろん商材によってばらつきはありますが、アクセスログ解析ツールやSEO自動化サービスなどを中心に急速に利用者が増え、トータルで延べ4000社もの企業に利用いただいています。それが今のライトアップの大きな収益源となっており、成長の推進力となっています」

 短期間で多数のサービスを開発し、急速に業績を伸ばすことができたのはなぜか。サービスの魅力とともに、新業態を確立するまでの経緯について伺った。(次ページへ続く)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
気になるあの会社に編集部がおじゃましてきました連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

CAREERzine編集部(キャリアジンヘンシュウブ)

プログラマやウェブマーケターなど、IT&ウェブ業界でのキャリア構築を支援する無料ウェブマガジンCAREERzineの編集部。出版社の歴史と信頼、ウェブマガジン編集部のフットワークと情報力を活かして、読者の皆さんのよりよいキャリア構築をお手伝いします。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング