SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

イチロー公認、スポーツ紙6紙合同「イチロータイムズ 2001-2010」発行

 サンケイスポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、デイリースポーツ、東京中日スポーツ、日刊スポーツのスポーツ新聞6紙と博報堂DYメディアパートナーズは、イチロータイムズ編集部を結成。6紙合同制作による特別版 「イチロータイムズ 2001-2010」を発行する。6紙合同制作ははじめてであると同時に、イチロー選手本人の公認の新聞としても世界初の新聞になる。

 「イチロータイムズ 2001-2010」は、24ページブランケット版の体裁で、2001年から2010年までのイチロー選手の活動を紹介。記録達成翌日のスポーツ6紙の1面記事もまとめて掲載するため、「イチロー10年連続200本安打」の大見出しが連続で並ぶというめずらしい紙面構成となる。

 記事から広告まで、すべてがイチロー選手一色の「イチロータイムズ 2001-2010」(300円)は、9月27日発行。関東・関西の駅売店・コンビニ等で20万部限定で販売される。

【関連記事】
「総理大臣になってほしいアスリート」1位はイチロー 
石川遼、森繁、マイケルを押さえて「イチロー」がトップ【活躍を後世に伝えたい人ランキング】
イチロー、WBC決勝直前のイメージ調査でも1位

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング