SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「ニンテンドー3DS」に日テレとフジテレビが
3D映像コンテンツを提供

 「ニンテンドー3DS」は、3D用のメガネをかけることなく、3Dのゲームやコンテンツを楽しむことができるシリーズ最新機種で、来年2月26日、25,000円(希望小売価格)で国内発売される。今回の提携によって、家庭内外の無線通信環境下にあるニンテンドー3DS本体に対して、数分間の3D映像コンテンツが「いつの間に通信」を通じて毎日供給され、視聴することができる。日本テレビは、「日テレジェニック2010」などアイドル系、グルメ系、旅行系などの番組提供を検討している。

(左から)日本テレビが提供する「日テレジェニック2010」「FOUR SEASONS」

 「いつの間に通信」とは、ゲーム機がスリープモードのときに、ワイヤレス通信接続サービス「ニンテンドーゾーン」や無線LANアクセスポイントを自動的に探索して、インターネットから情報・ゲームのデータ・無料ソフト・映像などを「いつの間に」か届けてくれる機能。

【関連記事】
任天堂が「ニンテンドー3DS」を初公開、「すれ違い通信」を強化
任天堂、裸眼で立体視を実現するゲーム機「ニンテンドー3DS」を開発
スマートフォンやiPadの利用で、ゲーム機、テレビ、PCの利用時間が減少

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/09/30 12:35 https://markezine.jp/article/detail/11882

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング