SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

話題のサービスを詳細解説(PR)

年間 138万回利用されている「無料SEOツール」で行う被リンク分析の「基本」と「応用」

 SEO対策において、検索順位の上位サイトと相関が高いSEO要因である「被リンク」。被リンクはどのような視点でもって分析するべきだろうか。今回の記事では株式会社ディーボの無料SEOツールを利用して被リンクを分析する際のポイントを紹介していく。

SEO対策で最も重要な「被リンク」

 「被リンク」とは、あるページから受けているリンクのことだ。「バックリンク」とも呼ばれている。

 各検索エンジンでは、検索順位を決定するためのルールを独自に定めている。その指標のひとつとして、「多くのページからリンクされているページは重要である」という考えのもと、被リンクの数や、また、数のみならず、どのようなページからリンクされているか、という「被リンクの量と質」に関する評価をしている。

 ディーボが開発した検索アルゴリズム分析ツール「ALGO BUSTER(アルゴバスター)」でも、検索順位の上位サイトと被リンクに関するSEO要因の相関が、ページ内部に関するSEO要因よりも圧倒的に高いことがわかっており、被リンクの重要性が数値で証明されている。

 今回の記事では、SEO対策で重要な被リンクを分析する方法について解説する。

 検索アルゴリズムを分析できるSEOツール「ALGO BUSTER(アルゴバスター)」の詳細はサイトでご覧ください。

被リンク分析 概要

 下の図は被リンク分析のイメージ図である。以下の図の流れで被リンク分析を進めるとわかりやすいだろう。

被リンク分析のイメージ図
被リンク分析のイメージ図

 それでは、次のページより上の図の流れに沿って、被リンク分析内容を解説する。

次のページ
競合の被リンク分析

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
話題のサービスを詳細解説連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

次世代マーケティング・サービス研究所(ジセダイマーケティングツールケンキュウジョ)

マーケティングROIの向上の支援するマーケティング・ツール/サービスを発掘・研究することを目的とした研究機関。MarkeZine編集部に常駐し、日々マーケティングサービス・ツールのトレンドを追っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/11/09 12:00 https://markezine.jp/article/detail/12308

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング