SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ニールセンがユニークビジターと滞在時間を誤計測
Facebookなどの長いURLが原因に

 この問題は、ニールセンが11月に顧客に対して行った通知から明らかになったもので、非常に長いURLを使うサイトが増えたことによって、同社システムがサイトを認識できなくなる事態が生じ、それによってサイト滞在時間やユニークビジター数が実際よりも少なく計測されるなどの影響が出た。ニールセンの調査によると、2000字以上の長いURLがその主な要因となっており、その影響はソーシャルゲームサイトで大きくなっているという。

 17日に公開されたAdAge.comの記事では、こうした長いURLはFacebookなどのソーシャルネットワークサービスで多く使われているとしている。すでに2009年には、技術情報サイト「O3 Magazine」で、こうした長いURLやパス名がネットワークの帯域幅を無駄に消費しているという記事を掲載しており、その中でFacebookのURLを例に解説している。

【関連記事】
オムニチュアとコムスコア、統合ウェブ視聴率計測システムを提供
モバイルでもネット視聴率調査が本格化
米2大ネット視聴率調査会社がMRCの本格的な監査段階に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/11/18 16:36 https://markezine.jp/article/detail/12535

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング