SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2010」受賞作品を発表

 今回で5回目を迎えたアワードは、すぐれたインターネット・クリエイティブを表彰するもの。作品のクオリティや表現力が飛躍的にアップした今年のグランプリには、一般の部では「iPad magic」、企業の部は「UNIQLO LUCKEY SWITCH」が選ばれた。

一般の部グランプリは「iPad magic」、企業の部は「UNIQLO LUCKEY SWITCH」

 「iPad magic」は、サラリーマンとマジシャンを兼業する内田伸哉さんが、発売直後のiPadを使って、「コミュニケーションの過去と未来」 をテーマにしたマジックを披露する動画作品。銀座のアップルストア前の路上でパフォーマンスを繰り広げるさまは圧巻だ。

 「UNIQLO LUCKEY SWITCH」は、ブログパーツとブックマークレットを配布し、スイッチを押すとどんなサイトの画像もラッキーくじに変化するというキャンペーン。当たればユニクロ商品をプレゼント、はずれればユニクロのバナー広告に変化するというアイデアが楽しい。

 25日に行われた贈賞式ではグランプリ受賞者が、トロフィーを手に、グランプリ受賞者のみが座れる「Big Idea Chair」に着座して、受賞の喜びを分かち合った。グランプリ作品を含む全作品は、本アワードの公式サイトを通じて見ることができる。

全体集合写真

【関連記事】
「勝手CMアワード」今回のテーマは「コロプラ」
「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2010」がスマートフォン部門を新設
ヤフー「2010検索ワードランキング」、PCで最も検索されたのは3年連続「YouTube」、「Twitter」「Facebook」も躍進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング