MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オプト、オープンデータプラットフォームの名称を「Xrost」に決定

2010/12/09 12:00

 オプトは今年の7月にオープンデータプラットフォーム構想(OpenDPF 構想)を発表。それを実現するためのプラットフォームのブランド名を「Xrost(クロスト)」に決定した。

 「Xrost」は、広告主・媒体社・データプロバイダーのオーディエンスデータ活用を促進する、オープンなデータプラットフォームで、SSP(媒体社の広告枠管理システム)とDSP(広告主・代理店の広告出稿管理システム)を接続することによって、オーディエンスデータを活用した広告枠収益最大化や広告出稿管理が可能となる。オプトは12月9日から、「Xrost SSP」の稼働を開始し、続いて「Xrost DSP」を来春リリースする。

【関連記事】
オプト、オーディエンスデータを共通化する日本初の「オープンデータプラットフォーム構想」
オプトとcci、オーディエンスデータ共通化で提携
日本に新たなアドエクスチェンジサービスを、cciが「OpenX Market Japan」スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5