SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Webブランドランキング1位はヤフー、提携でコンバージョン強化

 日経BPコンサルティングは、昨年10月に「Webブランド調査2011-I」を実施した。その結果、ウェブサイトの総合的なブランド力を示す「Webブランド指数」ランキングの1位は「Yahoo! JAPAN」、2位は「楽天市場」となり、1位との差はわずか1.7ポイントだった。前回調査(2010-IV)のスコアと比較して最もスコアが上昇したのは、ウェブ専業の会員制格安旅行代理店「トクー!トラベル」で、前回の706位から一気に429位にランクアップしている。

Webブランド指数(WBI) トップ50サイト

 1位の「Yahoo! JAPAN」はコンバージョン指数のスコアを最も伸ばした企業で、特に「会員登録、メールマガジンの購読」の得票率が上がっている。同社は昨年、Tポイントを発行するカルチュア・コンビニエンス・クラブや、ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイと業務提携しており、提携先との「Yahoo! JAPAN ID」等の共有化が進んだことが、会員獲得につながっているものと考えられる。

Yahoo! JAPANのスコア

 また、前回調査と比較して最も平均スコアが伸びた業界は「金融」で、2.5ポイント以上上昇した15サイトには、「ダイナーズクラブカード」「JALカード」「アメリカン・エキスプレス」「コスモ・ザ・カード」「ソニーファイナンス」「楽天KC」の6つのクレジットカード会社のサイトが含まれていることから、カード業界がウェブサイトの活用に力を入れていることがうかがえる。

【関連記事】
購買につながったのは「有名人」よりも「企業のつぶやき」
公取委、ヤフーとグーグルの提携を容認
ヤフーとスタートトゥデイがファッションECで業務提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/01/05 12:45 https://markezine.jp/article/detail/13036

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング