SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グーグル、新たな定期購読サービスをスタート
パブリッシャーの自由度を高めて、アップルと差別化

 グーグルは、パブリッシャーが自社のデジタルコンテンツに対して、価格と購読期間を設定できる定期購読サービス「Google One Pass」を発表した。One Passを利用する定期購読の利用者は、タブレット、スマートフォン、ウェブサイトなど、様々な環境でコンテンツを楽しむことができる。認証は、メールアドレスとパスワードを用いたシングル・サインオンによって行い、Google Checkoutを通じて支払処理を行う。

 One Passを利用するパブリッシャーは、いつ、どのように課金するのかを自由にカスタマイズして、効果的なサービスを模索することができる。無料コンテンツや記事ごとの販売もできる。また、すでに印刷物の定期購読を利用している人は、無料あるいはディスカウント価格でデジタルコンテンツにアクセスすることも可能となる。

 この発表の前日にアップルが発表した定期購読サービスでは、アップルは売上の30%を受け取るとしており、パブリッシャーに対してさまざまな制約を課している。しかし、Wall Street Journalは、グーグルは売上の10%を受け取ると報じており、アップルへの対抗姿勢を鮮明にしている。

 Google One Passはカナダ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、米国のパブリッシャーに向けて提供を開始している。すでにドイツのパブリッシャー、Axel Springer、Focus Online、Stem.deがOne Passの最初のパートナーとして発表されており、さらに複数のパブリッシャーが名乗りをあげている。

【関連記事】
アップル、定期購読サービスをApp Storeで提供
米国モバイル市場、Android陣営がアップルを抜く
Facebookをベースにした「booklook」、読者の顔が見える書籍検索をスタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング