SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

男性ユーザーが最も多いポータルサイトは「livedoor」、女性の比率が最も高いのは「Excite」

 日本では、ポータルサイトは最も利用者が多いオンラインサービスのひとつ。アウンコンサルティングは、コムスコア社が提供する2010年12月のデータをもとに、主要ポータルサイトの傾向について分析した。まず、ユーザーの男女比率を見ると、男性の比率が最も高いのはlivedoorで、全体の59.1%。一方、女性の比率が最も高いのはExciteで、全体の48.8%を占めている。

主要ポータルサイト別 男女別ユーザー数比率
出典:コムスコア/メディア・メトリックス(MMX)2010年12月

 また、34歳以下の若い年代が多いのはlivedoorで、全体の約4割を占めている。一方で、それ以上の年代が多いのは、OCN、niftyなどのプロバイダー系のポータルサイトとなっている。 

主要ポータルサイト 年代別ユーザー数比率

 ポータルサイトでは、ユーザーの属性は均一化する傾向があるが、アウンコンサルティングは、今回の分析から見えてきたサイト間の傾向について、各ポータルサイトがユーザーに発信しているメッセージに即した差異と言えるとしており、ウェブメディアが一貫したメッセージを発信することと、そのメッセージがどのような差を生み出しているかの検証が重要だとしている。

【関連記事】
ヤフーによるグーグル検索エンジン採用後の 国内検索サービス利用動向調査
Webブランドランキング1位はヤフー
9割がMacユーザー、エキサイトのもうひとつの顔「homepage.excite」リニューアル

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/02/17 12:55 https://markezine.jp/article/detail/13394

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング