MarkeZine(マーケジン)

記事種別

グーグル、避難所の避難者リストの写真投稿を呼びかけ
安否確認に活用

2011/03/14 13:10

 グーグルは、避難所にいる人たちの安否確認に役立てるため、避難所にいる人たちに、避難所にいる人の名簿を写真に撮って、携帯でグーグルにメールするよう呼びかけている。情報提供の際は、グーグルの写真共有サービス「Picasa」を使って、インターネットで公開できる仕組みを提供している。手順は、以下のとおり。

1. 名簿(手書きも可)の写真を携帯電話のカメラで撮影する
携帯にGPS機能が付いている場合、位置情報を添付すると、Picasa上で地図と一緒に表示することができる。

2. メールの件名に「避難所名」を入力する
件名に入力した避難所名が、写真共有サービス「Picasa」上で自動的に画像の説明に入力される。

3. メールに写真を添付して、tohoku.anpi.google@picasaweb.com まで送る
自動的に「Picasa ウェブアルバム」にアップロードされる。複数の画像を同時に送ることもできる。

 送信された名簿画像は、「Picasa ウェブアルバム」(短縮URL: goo.gl/ganbare)で確認することができる。投稿された情報は、今後、グーグルが提供している「パーソンファインダー(短縮URL: goo.gl/sagas)に入力し、検索可能にすることがあるとしている。

 グーグルはまた、名簿の公開に際しては、避難所の管理責任者の承諾を得るよう呼びかけている。名簿写真が送信された場合、グーグルは承諾済みとみなして情報を取り扱う。また、避難所名簿共有サービスは、被災者の所在を知らせるためのサービスであり、グーグルが送信された名簿写真を、このサービスの提供以外の目的で使用することはない。

【関連記事】
電通、地震被災地に1億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5