SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

レディ・ガガとソーシャルゲームのZyngaが提携か

 レディ・ガガは、その音楽と過激なパフォーマンスだけでなく、Facebookなどのソーシャルメディアでの話題づくりや存在感の大きさでも知られている。現在、レディ・ガガは、SNS「フェイスブック」で世界中から3200万以上の「いいね!」を獲得。彼女の活動をソーシャルメディアを通じて世界中のファンが注目している。

 今回、米ウォール・ストリート・ジャーナルの電子版は、レディ・ガガとソーシャルゲームの開発・運営会社のZyngaがソーシャルゲーム内プロモーションで提携する可能性について報じた。Zyngaは昨年10月、ラッパーのドクター・ドレー(Dr. Dre)とはじめてゲーム内音楽について提携。Zyngaのソーシャルゲーム「Mafia Wars」の中で、ドクター・ドレーのミュージックビデオを公開し、限定のバーチャルグッズを入手したり、ゲームの中だけに設置されるiTunesのリンクを通じてシングルを購入できるなどのプロモーションを展開した。

 一方レディ・ガガは、日本で起きた東日本大震災の被災者を支援するために、今年3月にオリジナルのブレスレットを発売し、その売上をZyngaが資金調達に協力している団体と米国赤十字社に寄付している。レディ・ガガとZyngaの提携が実現すれば、新たなソーシャルメディア上でのプロモーションを展開することになりそうだ。

【関連記事】
ソーシャルメディアを使わなくなった理由
ユニクロのコンテスト、特別審査員はレディ・ガガのファッションディレクター
1箱で10円寄付ができる「キットカット ずんだ風味」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/04/21 20:47 https://markezine.jp/article/detail/13689

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング