SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

“雑誌の定石”を知る『ウォーカー』の角川が、ヒートマップ分析で気付いた“Webの定石”

  『東京ウォーカー』『関西ウォーカー』などのエリア情報誌で知られる角川グループ。ウォーカー各誌で培ってきたノウハウ・コンテンツを活かしたWebサイト「ウォーカープラス」を運営する角川マーケティングは、主婦寄りの回答が集まりがちなプレゼント付アンケート以外のやり方で読者属性を調べたいと考えていた。さまざまなアクセス解析ツールを検討する中で選んだのは「User Insight」。属性の解析を行いたいというそもそもの導入目的に加え、ヒートマップ機能がサイト改善にも役立つという判断からだったが、解析した結果、Webでは“雑誌の定石”とは異なるアプローチも有効であることに気づかされたという。  

アクセス解析ツールの中でもユニークなヒートマップ機能

 アクセス解析ツールは数あれど、一際ユニークな機能を備えているツールと言えば、株式会社ユーザーローカルの提供する「User Insight」ではないだろうか。

 ユーザーがWebページの中で熟読したエリア、スクロールして読むのを終了したエリア、ページ内でクリックしたエリアなどを示すヒートマップ機能はUser Insightの代名詞。サイト内でのユーザーの行動パターンを目で見て把握できるので、わざわざ数値を並べて分析しなくても、問題点・改善策を直感的に捉えられるのが特徴だ。

 エリア情報サイト「ウォーカープラス」を運営する株式会社角川マーケティングも、ヒートマップ機能に惹かれてUser Insightを採用。導入前は情報誌時代からの「写真・レイアウトは見栄え良く」といった定石を重視していたが、解析の結果、Webサイトには雑誌でのノウハウとは異なる有効なアプローチがあることに気づかされたという。

 角川マーケティングはヒートマップ機能を活かして、どのようにウォーカープラスを改善していったのだろうか。その過程を紹介していこう。

広告販売のため“主婦寄り”にならないユーザープロフィールを

 ウォーカープラスは、『東京ウォーカー』『関西ウォーカー』などのエリア・エンターテインメント情報をまとめているサイト。角川マーケティングは「webザテレビジョン」「レタスクラブネット」などのサイトも運営しているが、ウォーカープラスが最も規模の大きなサイトだ。

 収益源はバナーやタイアップ特集枠の販売。売上を伸ばすためには、PVを増やすことはもちろん、正確なユーザープロフィールを取得することも必要になる。

 そもそも、角川マーケティングでアクセス解析ツールの導入を検討したのは、ユーザープロフィールを取得するのが目的だった。株式会社角川マーケティング 次世代情報コンテンツプロジェクト デジタル企画第1グループ グループ長 鴨生大輔氏(写真)は、当時の状況について次のように話している。

 「今まではプロフィールを調べるため、プレゼントキャンペーンでアンケートを取っていました。でも、それでは主婦の回答が集まりがち。『実際はこうじゃないかもしれないよね。ちょっと調べてみようよ』となって。User Insightの導入を検討したきっかけはそれです。属性を知りたいと」

 ユーザープロフィールの解析面でもUser Insightは独自の機能を備えている。アクセスしてきた地域などの情報以外に、性別・年齢、ネット利用度・来訪頻度、さらにはどの企業・団体からのアクセスなのかといった情報まで取得可能だ。

 角川マーケティングではUser Insightをはじめ、複数のツールを検討。最初はプロフィールの把握が目的だったが、User Insightの説明を聞くうちにヒートマップ機能に興味を持つようになる。「サイトリニューアルにも役立つのでは」と感じられたのが、User Insight導入の決め手だったのだとか。

次のページ
熟読エリア・終了エリアに注目してエリアトップを改修。適切なナビでPV増

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング