SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

あの先進企業に密着!第1回「Google」

あらためて振り返る、Google広告ビジネスの概況と発展の歴史

 検索を中心に多種多様なサービスを展開するGoogle。創業から十余年で、売上規模は年間300億ドルにまで達しようとしている。同社のこの莫大な売上の中で9割以上を占めるのが広告売上だ。本稿では、同社の根幹とも言える広告ビジネスの概要、その発展の歴史を改めて振り返る。

わずか10年で世界のトップブランドにまで駆け上がったGoogle

 1996年、米国カルフォルニア州スタンフォード大学で出会った2人の大学院生の手によって生まれた検索サービス「Google」。同サービスは、2011年3月に英国の企業ブランド価値評価会社Brand Financeが発表した「世界のブランドTop 500」でもNo.1の評価を獲得するなど、たった10年という短い期間で世界のトップブランドとなった。

 Googleのサービスは、Webサイトの検索にはじまり、画像、ニュース、地図、交通路線、書籍、文献、ユーザーの健康記録情報、そして動画など、その対象を次々と拡大。そして、今もなお「世界中の情報を整理し、誰もが簡単にアクセスし、利用できるようにする世界中の情報を集める」というミッションのもと、サービスを進化させている。

 2001年に世界で初めての海外オフィスが設立された日本においても、そのサービスは革新的なものとして迎えられ、最早、我々の日常生活に溶け込み、その存在は「当たり前」となった。

 本稿では、そうしたGoogleのビジネスの根幹とも言える広告分野に焦点をあて、その歴史や概要を振り返っていく。

売上規模はいまや300億ドル弱 ― IRデータから見るGoogleの成長

 会社としてのGoogleがスタートしたのは1998年。サン マイクロシステムズ社の共同創始者Andy Bechtolsheim氏から10万ドルの出資を受け、設立された。翌1999年には、Sequoia Capital社やKleiner Perkins Caufield & Byers社から2500万ドルの資金を調達。2000年には、現在の収益の柱となる「Google AdWords(以降、AdWords)」の提供を開始し、事業を拡大する。また、2001年2月に初めての買収を行い、ユーズネット(オンラインの掲示板システム)の検索技術を持つ「Deja.com」の事業部門を手に入れた。

 数々のベンチャーキャピタルから多額の出資を受け、その事業規模を急速に拡大させたGoogleは、2004年8月にNASDAQでIPOを果たし、数十億ドル規模の資金調達に成功する。その後、数々の有望なテクノロジーやサービスの開発や買収により、息付く間もなく事業規模の拡大を継続。2010年には社員数が24,400人、全世界での売上は293億2100万ドル規模にまで駆け上った(12月末時点)。

Googleの売上推移
Googleの売上推移

 2010年末現在、100以上の言語で50以上の国・地域でサービスを提供し、40カ国以上に85以上のオフィスを構えるなど、全世界で事業を展開する同社だが、その地域別売上は米国48%、英国11%、その他41%という構成比になっている。IRデータによると、2006年頃より米国・英国以外の、日本を始めとする地域の売上構成比が急速に拡大しているのが分かる。

Google地域別売上比率の推移
Google地域別売上比率の推移

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
世界No.1の検索エンジンとマネタイズの仕組みAdWords

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
あの先進企業に密着!第1回「Google」連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

野下 智之(ノシタ トモユキ)

株式会社デジタルインファクト 代表 ExchangeWire.jp 編集長1983年設立の市場踏査会社、株式会社シード・プランニングの独立プロジェクトとして、2014年10月にデジタルインファクト(Digital InFact)を設立、2016年4月に法人化。デジタル領域を対象とする市場・サービス評価機関...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング