SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

20代女性のミニブログ利用率は7割超、
男女問わず高い「スマホ所有意向」【博報堂DYm調査】

20代女性のミニブログ利用経験は7割超

 博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所は今年2月、東京・大阪・愛知・高知に在住の15~69歳の男女を対象に調査を行い、2744件の回答を得た。このうち、今回発表された東京地区の調査結果によると、生活者のマス4媒体とインターネット2媒体(パソコン、スマートフォンを含む携帯電話)を合わせた1日のメディア接触総時間は、週平均で5時間50分。昨年とほぼ同じ結果だが、パソコンと携帯電話からのインターネット接続時間の増加が目立っている。

マス4媒体からインターネットまでを合わせた1日のメディア接触総時間(1週間平均)

 携帯電話からのインターネット接続時間は2007年からの4年間で倍以上。また、20代女性のミニブログ利用経験は2010年の47.2%から2011年は70.7%と急増しており、動画投稿・閲覧サービス、ネットショッピングと並んで、携帯電話からのインターネット利用の増加の要因となっている。

マス4媒体からインターネットまでを合わせた1日のメディア接触総時間(性年齢別比較)

20代男性の7割近く「スマートフォンがほしい」

 スマートフォンの所有状況は、2010年の9.8%から伸びて、2011年は16.5%。男性20代・30代では35%を超え、女性20代も22%となっている。さらに、男性20代の68.6%がスマートフォンを持ちたいと思うと回答しており、性別に関係なくほとんど全ての年齢層で高い所有意向が見られた。

スマートフォン所有状況(時系列比較)
スマートフォン所有状況(性年齢別比較)

 同研究所は、メディア接触総時間が6時間近く、1日の4分の1にあたることを考えると、メディア接触総時間がさらに伸びていく可能性は低く、ダブルスクリーン・トリプルスクリーンといわれるテレビとの「ながら利用」などによって、パソコンやスマートフォンを含む携帯電話からのインターネット接続時間が、増加していく傾向が強くなるのではないかと予測している。

【関連記事】
スマホ最強女子アプリ、iPhoneは「一眼トイカメラ」Androidは「FxCamera」
スマホでダウンロードするアプリ、20代女性の6割が「ゲーム」
ヤフーがツイッター社と提携、「リアルタイム検索」公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/06/16 12:45 https://markezine.jp/article/detail/13935

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング