MarkeZine(マーケジン)

記事種別

グーグル、SNS「Google+」の試験サービスをスタート

2011/06/30 00:00

 現在試験的に公開されている「Google+」はいくつかの基本サービスの集合体となっている。「Circles」では、誰かをフォローしたり情報を共有するために、「親友」「同僚」といったサークル(円)に、メンバーに加えたい人の写真をドラッグ&ドロップする。円の中には、同心円状にメンバーの写真が表示され、誰がどのサークルに属しているのかが視覚的に表現される。

 また「Hangouts」は、ビデオチャットルームで、「Hangout(たまり場)」という名前のとおり、ビデオチャットを通じて、人々が挨拶したり、何かおもしろいことはないかとぶらぶらするための場所である。参加すると、画面上で相手の顔を見ながらたわいもない会話をすることができる。

 「Sparks」は、興味や関心を表すキーワードを登録すると、おすすめの動画や記事を自動的に探してくれるベンリなサービス。「Mobile」では、撮影した写真を自動的にアップロードして、オンラインのプライベートアルバムに保存してくれる。また「Huddle」という機能では、グループチャットサービスを提供し、これによってサークルのメンバー内でリアルタイムにコミュニケーションすることができる。

  「Google+」は現在Android Marketで公開され、間もなくApp Storeでも公開されるが、試験サービスのため、現在は招待制となっている。

【関連記事】
グーグルがインターフェイスを模様替え
SNSユーザーの4人に1人が「フェイスブック」
フェイスブック、日本でのリーチが2倍以上に急成長
mixiの「ソーシャルバナー広告」を使ったキャンペーンで213万人が来訪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5