SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グーグル、SNS「Google+」の試験サービスをスタート

 現在試験的に公開されている「Google+」はいくつかの基本サービスの集合体となっている。「Circles」では、誰かをフォローしたり情報を共有するために、「親友」「同僚」といったサークル(円)に、メンバーに加えたい人の写真をドラッグ&ドロップする。円の中には、同心円状にメンバーの写真が表示され、誰がどのサークルに属しているのかが視覚的に表現される。

 また「Hangouts」は、ビデオチャットルームで、「Hangout(たまり場)」という名前のとおり、ビデオチャットを通じて、人々が挨拶したり、何かおもしろいことはないかとぶらぶらするための場所である。参加すると、画面上で相手の顔を見ながらたわいもない会話をすることができる。

 「Sparks」は、興味や関心を表すキーワードを登録すると、おすすめの動画や記事を自動的に探してくれるベンリなサービス。「Mobile」では、撮影した写真を自動的にアップロードして、オンラインのプライベートアルバムに保存してくれる。また「Huddle」という機能では、グループチャットサービスを提供し、これによってサークルのメンバー内でリアルタイムにコミュニケーションすることができる。

  「Google+」は現在Android Marketで公開され、間もなくApp Storeでも公開されるが、試験サービスのため、現在は招待制となっている。

【関連記事】
グーグルがインターフェイスを模様替え
SNSユーザーの4人に1人が「フェイスブック」
フェイスブック、日本でのリーチが2倍以上に急成長
mixiの「ソーシャルバナー広告」を使ったキャンペーンで213万人が来訪

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/09/11 17:10 https://markezine.jp/article/detail/13999

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング