MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Webと電話の長所を融合させて「もっと知りたい、聞きたい」顧客のニーズをつかむ

2007/07/19 08:00

Webの情報提供力と電話のダイレクトなコミュニケーション、双方の長所を採り入れたインターネット・フリーダイヤルサービス「BIZTEL ウェブ電話」(株式会社リンク)が、新しいWebマーケティングのツールとして注目を集めている。はたしてどのようなサービスなのだろうか。

Webの情報力と電話のコミュニケーション力を融合させた新しいマーケティングツール

BIZTEL ウェブ電話」は、株式会社リンクがVolPのソリューションカンパニーであるM2X株式会社と共同で以前から手がけてきたIPビジネスフォン「BIZTEL」を発展させたサービスである。例えば製品紹介のWebページを見て詳細を知りたくなった顧客が、画面上のボタンをクリックすると、そのままコールセンターとIP電話で通話ができる。先方から電話を欲しい場合は、自分の電話番号を入力してクリックすればOKだ。従来のWebサービスになかったものだが、その誕生のいきさつを、同社取締役社長の岡田元治氏に聞いた。

「Webや電話を企業の側からのマーケティングツールとして見てみた場合、ビジネスフォンとWebサイトとでは担当部署も違い、なかなかひとつのメディアやツールとして機能させにくい。しかし実際に新しいマーケットニーズを創りだすには、この両者のテクノロジーが融合する必要があるのではないか。そう考えたのです」(岡田氏)。

 社内には「BIZTEL」で蓄積したIPビジネスフォンの技術がすでにある。あとは構想を実現できるソリューションのモデルがあればOKだ。そこでさっそく国内外のサービスを入念に調べ上げ、ヒントになりそうな事例を発掘しながら、「BIZTEL」をベースにWebから問い合わせ発信のできる機能を開発、2007年1月に「BIZTEL ウェブ電話」としてサービスを開始したのである。

「電話でもっと詳しく聞きたい」と思ったら、ボタンをクリックするだけ

BIZTEL ウェブ電話」の機能としては、大きく2つの通話方法が挙げられる。「コールバック機能」と「ダイレクトコール機能」である。

Webからクリックするだけで簡単に通話が可能(画面をクリックすると拡大します)

コールバック機能

 例えばパソコン販売サイトで、掲載されているPCの詳細を聞きたい場合、画面上に貼られた「BIZTEL ウェブ電話」のバナーボタンを押して、あらわれた入力ボックスに自分の電話番号を入れるだけでOKだ。これですぐに担当者から電話がかかってくる。特定の日時にかけて欲しい場合は、コールバック日時を指定することも可能だ。

ダイレクトコール機能

 今すぐ話したいとき、画面上の通話ボタンを押すと、そのまま担当者に電話がかけられる。会話はスカイプのようにソフトフォンを使用するIP電話と全く同じで、ヘッドセットなどを使って行う(PCのマイクでも通話可能)。事業者側が「BIZTEL」端末を使用していれば、ユーザーはもちろん企業の側にも通話料は発生しない。サービス自体の利用料金も、初期費用52,500円、月間利用料21,000円(ともに税込)と、企業向け通信サービスとしてはかなり安く抑えられている。

「導入も異例の簡単さが自慢です。申し込みから開通まで、わずか5営業日しかかかりません。その後はお客様側でWebページを作っていただくのですが、これも、バナーボタンを貼っていただくなど、ふつうのページ更新と同じHTML作業です」と、同社取締役 営業部長の眞神克二氏は語る。

くわしい製品情報はこちらから! お問合せはこちらから!

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5