SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

服を買う場所1位は「大型商業施設」、2位「ネット」
夏服予算、愛知は東京の半分

 アパレル(衣類)の販売では、ZOZOTOWNを筆頭にしたネット通販の台頭や、東京都心で百貨店が相次ぐ撤退を決める一方、関西で百貨店出店競争が激化するなど店頭販売も大きな転換期を迎えている。そんな中、メディアインタラクティブは7月上旬に、東京、大阪、愛知、福岡の10代から50代の男女500名を対象に「アパレルの消費動向に関する意識調査」を行った。

あなたは、どんなところで服を買いますか。(N=500 複数回答可)

 服の購入場所については、「ファッションビル・駅ビル・複合商業施設」が67.4%で1位。これに「インターネット通販(PC)」(51.2%)、「アウトレット」(40.6%)が続いた。7割近くの人が大型の商業施設で購入する一方、ネット通販の利用も過半数を超えている。この傾向は年齢・性別を問わずほぼ同じ比率で推移しており、50代でもネット通販の比率が30%を超えている。また、「アウトレット」での購入比率は全体に男性のほうが高い中、20代女性では65.1%と男性を上回っている。その一方で、「モバイル通販」は2.2%と振るわない結果となった。

 ネットで衣類を購入する理由については、「じっくり選びたい」「買いに行くのが面倒」の2つに分かれた。特に女性は「じっくり選びたい」とする人が多い。ネットでの購入で重視する点ベスト3は「価格」「デザイン」「送料が無料」。ネットに限らず、衣類購入の後押しになることとしては、「価格」「デザイン」「試着した時の感覚」が上位を占めた。

 今年の夏服の購入予算については5000円から1万円が最多となったが、回答には地域差が見られた。最もお金を使うのは「東京都」で20,764円。最もお金を使わないのは「愛知県」で10,080円。ケチの代表格として知られる大阪(12,404円)よりも厳しい結果となった。

【関連記事】
ユニクロの台湾進出で、アパレルサイト利用に変化
ZOZOTOWN、グローバルサイトオープン
スタートトゥデイ、伊勢丹メンズオンラインショップの運営支援
女性の購買行動は既婚/未婚、彼氏の有無でどう違うのか
中国ネット通販ユーザーが最もネットを利用する時間帯は?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/07/25 12:30 https://markezine.jp/article/detail/14142

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング