MarkeZine(マーケジン)

記事種別

大人気写真共有アプリ「Instagram」を使った世界初のプロモーションビデオ制作

 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「ブログタイムズBLOG」からの厳選記事を、週に1回お届けするこの連載。今週は、英国の大型新人バンド「The Vaccines」の、新曲プロモーションキャンペーン。人気アプリ「Instagram」を活用してファンからの写真を募り、バンドのPVを作ってしまおうという新しい試みです。毎週水曜日更新。(バックナンバーはこちら)

キャンペーン概要
  • 時期:2011年7月
  • 国名:UK
  • 団体名:Sony Music
  • 業種:音楽

人気アプリ「Instagram」でPV作り

 本日はソニーミュージックによる、iPhoneユーザーに大人気の写真共有アプリ「Instagram」を活用した世界初のミュージックビデオを紹介します。

「Instagram」とは?

 「Instagram」は、サービス開始からわずか8ヶ月間でユーザー数500万人を集めた写真投稿型SNSサービス(アプリ)。写真の加工、レコメンド(ギャラリー展示)機能、共有機能などが多くのユーザーの支持を集め、『写真版のTwitter』などとも言われています。

 最近リリースされた“ハッシュタグ機能”を活用することで、企業・ブランドにとっては、「Instagram」を利用するファンに、写真投稿を連動させた広告キャンペーンを簡単に展開できるようになりました。

施策内容

 今回ソニーミュージックは、イギリスの音楽メディアが2011年の大型新人としてこぞってプッシュしているバンド「The Vaccines」の新曲「wetsuit」のプロモーションビデオ制作にあたり、「Instagram」を活用することにしました。

 具体的には、「The Vaccines」のファン達が『#vaccinesvideo』というハッシュタグ付きで「Instagram」に投稿した“写真”を利用して、新作PVを制作するというもの。

 「The Vaccines」は自身のファンに対して、特に「夏フェス(屋外音楽フェスティバル)」に関連する写真をハッシュタグ付きで投稿するよう呼びかけています。「The Vaccines」による投稿呼びかけの模様は下記動画から、ご覧になれます。

 

 ハッシュタグを付けて投稿された写真は、「Instagram」のAPIを利用して特設サイトのオンラインギャラリーにアップされていく仕組みです。

 あとは、制作サイドがアップされた写真の1点1点をチェックして編集することで、プロモーションビデオが仕上がるというプロセスになっています。ちなみに7月21日現在、795枚の写真がアップされています。

 「Instagram」でよく加工される“レトロ調“の写真が、いい味を出すのではないかと思います。「Instagram」を活用した『初物』のPVということで、うまくPRもされているようです。

 “まずやってみる!”

 この姿勢、大事ですよね。

引用元サイト

先週の紹介キャンペーン

 記事転載元:ブログタイムズBLOG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5