MarkeZine(マーケジン)

記事種別

米スポーツイベント観客席で展開された“人間の手による” 『Human Twitter』

 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「ブログタイムズBLOG」からの厳選記事を、週に1回お届けするこの連載。今週は、米スポーツイベント『X games』の観客席で展開された、人力でTweetを表現しようという試みです。毎週水曜日更新。(バックナンバーはこちら)

キャンペーン概要
  • 時期:2011年7月
  • 国名:USA
  • 企業名:ESPN
  • 業種:放送局

人力でTweetを表現、X Gamesで行われた“Human Tweet”

 今回は、スポーツ専門放送局ESPN主催の大人気スポーツイベント『X Games』で展開された、リアルイベントとTwitterの斬新な連携法を紹介します。

X Gamesとは?

 X Gamesは、様々な種類のエクストリームスポーツ(速さや高さ、危険さや華麗さといった要素を持った、離れ業を売りとするスポーツの総称)を集め、夏と冬の年2回開催される競技大会。ケーブルTVのESPNによって開催され、アメリカを中心に全世界でテレビ放送されています。

施策内容

 X Gamesの開催中に、Twitterで「@xgame」宛てにハッシュタグ「#humantwitter」付きで送られたTweetを、スタンドに陣取った160人の観客(スタッフ?)が“Human Tweet”するという試み。160人、一人一人がアルファベットの書かれた大きなカードをかざしてTweet文を完成させています。

 この模様は、会場の大型ビジョンやESPNの放送にも映し出されました。

 お茶の間とスポーツイベントの会場を『Twitter』を通じてシンクロさせるアプローチ。日本の「ニコファーレ」のように、ネット上の書き込みをデジタルスクリーンにそのまま表示させる手法も合理的だとは思いますが、観客席にいる人がわざわざカードを手に持ってTweetされた文章を完成させるという、非効率でとっても“アナログ的”な手法が、逆に人の目を惹きつけそうだと思いました。デジタルなTweetになんとなく『人間味』を与えているように感じます。正にデジタルとアナログの融合ですね。

 日本でもプロ野球や、サッカー日本代表の試合などで展開してみると面白いかもしれません。

動画はコチラ

引用元サイト

Human Twitter: High Tech Meets Low Tech at the X-Games:Marketingpilgrim

先週の紹介キャンペーン

 記事転載元:ブログタイムズBLOG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5