SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オーバーチュア、スポンサードサーチの広告管理用APIを提供

 オーバーチュアは、新スポンサードサーチの広告管理画面の機能のAPIである「Enterprise Web Service(以下、EWS)」を、8月下旬から提供すると発表した。同時に、EWSの提供を含むパートナー向けプログラム「テクノロジーソリューションパートナープログラム」も開始する。

 EWSを使うことで、ユーザーアプリケーションから、新スポンサーサーチで提供される機能をダイレクトに利用でき、ユーザーごとにカスタマイズも可能となる。例えば広告の管理/運用を行う際、今までは、オーバーチュアのプラットフォーム(管理画面)にアクセスしていたが、EWSを利用することで、管理画面を経由しないで、レポートなどを把握できる。また、カスタマイズにより時間帯配信やレポート取得の自動化も可能となるようだ。

 同時期に開始する「テクノロジーソリューションパートナープログラム」は、このEWSの利用をサポートするためのAPIパートナープログラム。現時点では、ベーシック(無償)、アドバンスド(有償)、エリート(有償)という3段階のプログラム構成になる。オーバーチュアでは、まず、推奨認定広告代理店/SEMサービスプロバイダーに対して、プログラムへの参加を呼びかけるようだ。

 今後の事業全体の展開としては「今後も、プラットフォームの進化に伴い、AISASを越えるマーケティングプロセスの革新、業務プロセスへの適応を進めていく」(オーバーチュア株式会社 山中氏)と語り、SEM、SEOの最適化だけではなく、マーケティングプロセス全体の支援をしていく方向性を目指す。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/25 20:47 https://markezine.jp/article/detail/1449

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング