SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

初心者Webマーケター向けFacebook入門

WebマーケティングにFacebookを使おう!【3】
Facebookページ運用の分析方法

 初心者Webマーケター向けに、Facebookページ運用の分析を行う「インサイト」機能について解説します。

「インサイト」機能で、Facebookページ運用を分析する

 Facebookページの「インサイト」機能で、PVや「いいね!」の数、管理人の投稿への反応などを見ることができます。

 データは「週」「月」で切り替えられ、過去に戻って日付範囲を選択することも可能です。これらのデータは、データをCSVかエクセルでダウンロードしても便利です。

 インサイト機能には、大きく分けて「ユーザー」と「インタラクション」の2つがあります。まずは「ユーザー」から見て行きましょう。

インサイトで「ユーザー」を分析する

 「ユーザー」では、その名のとおりユーザーに関するさまざまな情報を得ることができます。上から順番に見て行きましょう。

 まず、「新規いいね!」「通算いいね!」「月間アクティブユーザー」があります。アクティブユーザーとは、Facebookページやページの投稿を見たり、何らかのアクションを実行した人の数です。それぞれ、「?」にカーソルをあわせると解説が表示されます。

 「人口統計データ」では、ユーザーの性別、年齢、市区町村、「アクティビティ」では、タブ別の表示や外部参照元などがわかります。

 こうしたデータを、今後のFacebookページ運用戦略に活かします。ごく単純な例をあげれば、「新規いいね!」が増えたとしたら、増えた原因を分析し、さらに増やすための施策を考え、実行することなどが考えられます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
インサイトで「インタラクション」を分析する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
初心者Webマーケター向けFacebook入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/11/05 00:00 https://markezine.jp/article/detail/14496

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング