SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

正解率は75~95%、「生活者の気持ち」を3段階48種類で分析
ソーシャルメディアリスニングサービス「コミュニケーションエクスプローラー」

詳細な投稿者分析も可能。インフルエンサーへのリーチも簡単に

 コミュニケーションエクスプローラーのもう1つの特徴は、「投稿者分析」ができることだ。

 ソーシャルメディアにおける伝播は、1つのコメントからさざ波のように波及していく。その真ん中の「小石」に該当するコメントを特定し、投稿者を特定できるのが投稿者分析である。Twitterに限定された機能だが、話題が広まる起点となるキーマンを見つけられるというわけだ。

 さらに、そのコメントがどれだけ多くの人に伝わるかといった「波及力」や、どのくらい世論を主導する力があるかという「影響力」、そして仲間内や似たような関心を持つコミュニティばかりでなく、異なるグループや年齢層に情報を橋渡しできるのかという「跳躍力」、そして単なるリツイートではなく、いかに自分の視点で発信ができるかといった「生起力」を数値的に分析し、キーマンの「総合力」を判定することも可能である。

投稿者分析で、インフルエンサーを見つけ出す仕組み

 これまでアルファブロガーなど、ネットにおけるリーダー的な存在は多々いたが、それ以上に科学的な根拠に則ったユーザー分析を行ない、真の「インフルエンサー」を発掘できるというわけである。

 同社コミュニケーションテクノロジー本部の樋浦久宗氏は、「ソーシャルメディア上で『影響力』のある人物を見つけ出し、味方につけることができれば、口コミ効果も高まるだろう。また『跳躍力』の高い人物にアプローチすることができれば、広い年代やカテゴリに広く告知できるかもしれない」とネット上でインフルエンサーと連携することで広がる可能性について語る。

 インフルエンサーの分析についても、「感情分析」の時と同様、キーマンと判定された人物のコメントからTwitterのツイート画面へとシームレスに閲覧することができ、ユーザーが公開しているプロフィールまで到達できる。こうしたキーマンは自己アピールがしっかりなされていることが多く、ネット上のコミュニケーションについても貪欲だ。自社商品の口コミを推薦してくれた人とネット上で直接コミュニケーションがとれるようになれば、様々な施策の可能性が広がっていく。

生活者の反応をリアルタイムで共有・分析できるよう、レポート機能を強化

 しかし、一部の人間だけが分析結果やインフルエンサーとのコミュニケーションを独占しては効果も半減だ。また、刻一刻と変化していくソーシャルメディア上の生活者の反応を分析し、活用するのに、時間がかかるようでは意味がない。

 ASPとして提供され、操作性の高さとレポートの分かりやすさに優れたコミュニケーションエクスプローラーなら、これまで外部や分析部門などに依頼する必要があったものを、自分たちで設定・操作し、自分たちが欲しいデータや分析結果をタイムリーに得ることができる。グラフや数値データは、パワーポイントやエクセル形式でダウンロードできるので、結果をレポートにまとめるのも簡単だ。関係者で共有すれば、より有意義な活用が可能となるだろう。今後さらにレポート機能は強化され、より視覚的に分かりやすくなるという。

時系列分析のグラフ例
ランキング分析のグラフ例

次のページ
広告・PRの効果検証や、商品開発へのフィードバックなどへ活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング