SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

アクセス解析徹底活用ガイド

LPOでは不十分!?米・大手サイトがMVTに注目する理由とは?


 前回、世界的に注目を集め、eBayやAMERICAN EXPRESSとったグローバルリーディングカンパニーが活用しているマルチバリエイトテスト(以下、MVT)について説明しました。しかし、なぜサイト最適化の手法としてマルチバリエイトテストが注目されているのでしょうか。この点について、説明したいと思います。MVTについてのおさらいはこちらから→eBayの事例から学ぶ「ページ最適化」最新動向

MVT(マルチバリエイトテスト)が注目される理由

 Webサイトを運営する企業であれば、どの企業もWebマーケティング投資から最大のリターンを得たいと考えるはずです。最大のリターンを得るためには、適切なユーザに対して適切な情報を発信し(ユーザがサイトで自身の問題を解決できるようにし)、ユーザがストレスなくサイト内を動けるようにする必要があります。また1コンバージョン獲得単価などのマーケティング投資に対する効果を最適にする必要があります。

 Webマーケティング投資対効果の最大化のために、多くの企業がSEO対策をし、リスティング広告をはじめとする広告に投資し、アクセス解析ツールを活用しています。サイト構築に際してペルソナを用いてユーザ中心設計を行い、ユーザビリティやアクセシビリティを意識しています。

 そんな中、なぜMVTが注目を集めているのでしょうか?

集客コストの増大

 リスティング広告費の高騰、バナー広告のクリック率の低下など、集客コストが年々高まっています。このような状況に対して、アクセス解析ツールを活用してこまめに媒体やワード選定を行っても、なかなか集客数を増やすことができない、コンバージョン数やCPAを改善することができない企業が出始めています。

 このような状況の中で、改めてサイトのコンバージョン誘導力が注目されています。コンバージョン数やCPAは、集客のパフォーマンス×サイトのコンバージョン誘導力であるためです。

再びコンバージョンへの誘導力が注目されている

 サイトのコンバージョン誘導力を高めるためには、アクセス解析ツールを用いてユーザのコンバージョンプロセスにおけるボトルネックを特定し、それを改善することが基本的な流れですが、その改善をより最適に行うために、MVTが活用されています。

 日本においては、サイト側の改善手法としてLPO(ランディングページ最適化)が注目されていますが、アメリカを中心とした海外ではキャンペーンのランディングページだけでなく、トップページやカテゴリトップページ、登録フォームや商品詳細ページなど、サイトの様々な重要ページをMVTを用いて最適化する、というサイト最適化の考え方が浸透しています。

MVTについてのおさらいはこちらから→eBayの事例から学ぶ「ページ最適化」最新動向

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
勘や経験だけに頼らない施策実行の重要性

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
アクセス解析徹底活用ガイド連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

清水 昌浩(シミズ マサヒロ)

株式会社Ginzamarkets カントリーマネージャー(日本)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/07/23 16:25 https://markezine.jp/article/detail/1487

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング