SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フェイスブックやツイッターから、「今年の漢字」「自分の流行語」がわかるサービス

 「ひとり流行語大賞」は、フェイスブックやツイッターのアカウントを登録すると、それらのサービスにおける自分の過去の発言を収集し、自分だけの流行語を分析してくれるサービス。アジャイルメディア・ネットワークは16日に、同様の技術を使って“今年の漢字”を教えてくれる「私の漢字2011」を公開しており、その結果も公開している。

マイ流行語がわかる「ひとり流行語大賞」
マイ流行語がわかる「ひとり流行語大賞」

 「私の漢字」はサービス開始から10日間で23万人以上の利用者を集めた。頻出漢字トップ10は以下のとおり。

 1位:見 2位:気 3位:思 4位:出 5位:大 6位:一 7位:行 8位:時 9位:分 10位:言

 「私の漢字」利用者の内訳は、ツイッターユーザーが22万7015人、フェイスブックユーザーが3965人。2つのサービスでは、頻出漢字に大きな違いは見られないが、ツイッターにおいては、フェイスブックに比べると「見」る、「思」うなどの動詞に使われる単語がトップ3に入っており、140文字限定の短い文章の特徴が出ているとも言える。

 アジャイルメディア・ネットワークは、「私の漢字2011」のサブアプリとして、「私の漢字ジェネレーター」も公開している。

筆文字で「私の漢字」を書きかげる「私の漢字ジェネレーター」
筆文字で「私の漢字」を書きかげる「私の漢字ジェネレーター」

【関連記事】
ソーシャルメディア炎上予備軍の存在
就職ミスマッチを防ぐ「ソーシャルスコア診断書」
フェイスブックでお店が開ける無料のショッピングカート「storelike」
「今年の漢字」をフェイスブックやツイッターから分析する「私の漢字2011」
ツイッターがスロットマシンに? ZOZOTOWNが最大100万円分のポイントプレゼント

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング