SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

初心者Webマーケター向けアクセス解析入門

Webマーケティングにアクセス解析を使おう【3】
トレンド分析で傾向をつかみ、イレギュラー部分を分析しよう

 初心者Webマーケター向けに、Googleアナリティクスを活用したアクセス解析について解説します。実践編第3回はトレンド分析についてです。

サイトの傾向をつかもう! トレンド分析のススメ

 前回の記事で、以下の5つの項目を定期的にチェックすることをお勧めしました。

  • サイト全体のページビュー、訪問、ユーザー数
  • 流入の内訳(メールマガジン・SEO・SEM・キャンペーン)
  • 主要導線の遷移率
  • 流入主要キーワードと検索エンジン
  • 新規・リピート比率

 こうした数値を時系列で見ると、ある傾向が見えてくるようになります。これを「トレンド」と呼びます。期間の単位ごと、「月別トレンド」「週別トレンド」「日別トレンド」「時間別トレンド」などがあります。

月別トレンド

 特定の月に特徴的な動きがあることを「月別トレンド」と言います。たとえば当サイト「MarkeZine(マーケジン)」は、長期休みのある5月、8月、12月・1月にページビューが下がる傾向があります。

日別トレンド

 特定の日に特徴的な動きがあることを「日別トレンド」と言います。たとえばMarkeZineは、週末や休日にページビューが下がる傾向にあります(その傾向をもとに週末は更新を休んでいることから、さらに顕著になりました)。

時間別トレンド

 特定の時間に特徴的動きがあることを「時間別トレンド」と言います。たとえはMarkeZineでは、8:00くらいからページビューが伸び始め、10:00~15:00という長めのピークがあってその後は下降、2:00~4:00が底辺となります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
インテリジェンスイベント機能でトレンドから外れたところをチェック!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
初心者Webマーケター向けアクセス解析入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

肥沼 和之(コエヌマ カズユキ)

ジャーナリスト兼編集プロダクション代表。IT業界をはじめとした数百社の企業への取材経験を持ち、主にビジネス系の記事を執筆。初心者向けの分かりやすい記事作りを得意とする。・編集プロダクション「オフィスムーンバーク」

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング