SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

20代は「テレビよりネット」、30代は「ネットよりテレビ」の接触時間が長い【ビジネスパーソン400名調査】

 今回の調査は20代・30代のビジネスパーソン400名を対象に行われた。インターネットを利用しているシーンについては、「帰宅後~就寝前」が89.5%と最も高く、「休憩時間中」「昼食中」が続いている。

インターネットの利用シーン(複数回答形式)
インターネットの利用シーン(複数回答形式)

 最も利用者数の多かった「帰宅後から就寝前」のネット利用者が利用しているコンテンツは、1位「ニュース・天気」、2位「eメール」、3位が「ショッピング・オークション」で、「SNS」は4位。「就業中」では「SNS」の利用率は23.1%で、男性では3割強が就業中も「SNS」を利用していることが明らかになった。

 また、1日における「インターネット」「テレビ」「新聞」の接触時間を見ると、全体平均では「インターネット」148分、「テレビ」135分、「新聞」13分。20代では「インターネット」が167分、「テレビ」が129分となり、インターネットがテレビより接触時間が長くなっているが、30代では「インターネット」は129分、「テレビ」が142分となり、テレビの接触時間がインターネットより長い結果となった。

一日のメディア別平均接触時間比較(単一回答形式より集計)
一日のメディア別平均接触時間比較(単一回答形式より集計)

 また、登録しているソーシャルメディアは、1位「mixi」(57.8%)、2位「GREE」(46.0%)、3位「モバゲー(Mobage)」(40.8%)。4位は「Twitter」(32.0%)、5位「Facebook」(25.0%)、6位「Google+」(8.0%)と続いており、回答者の9割近くが何らかのソーシャルメディアに登録していることが明らかになった。

【関連記事】
日テレ、Facebookの友達と一緒に楽しめるソーシャル視聴サービス「JoiNTV」
タブレット利用が進む米国、ユーザーはPCより「スマホ」に近いと認識
グーグル、超簡単ネット調査サービス「Google Consumer Surveys」
食べログ報道後、女性のクチコミ情報の好感度は大幅ダウン【ステマについての調査】
スマートフォンが20代で急速に浸透、進むデバイスシフト

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/04/02 15:00 https://markezine.jp/article/detail/15451

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング