SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インプレス、EPUB3とアマゾンPODによる専門性の高い書籍出版ブランド「Next Publishing」

 新しい書籍出版ブランド「Next Publishing」では、EPUB3による電子出版とAmazon.co.jp のプリント・オン・デマンド(POD)プログラムを活用することで無在庫出版を行い、優れた著者による専門性の高い書籍を数多く出版することを目指す。

 EPUB3は、縦組みにも対応したリフロー型(ページレイアウトを固定しないタイプ)の電子出版の国際標準規格。EPUB3によるデジタルファースト方式の制作により、1つの編集・制作プロセスで電子書籍と印刷書籍をアウトプットできる体制を整備。また、Amazon.co.jpのプリント・オン・デマンド(POD)は、一般の書籍と同じように商品が検索でき、注文があった後に即座に印刷される仕組み。常に「在庫あり」の状態となり、通常の本と同様に出荷される。

 インプレスR&Dでは、5月下旬より、『DSP/RTB オーディエンスターゲティング入門』を含むITビジネスジャンルの書籍を3タイトル発行するのを皮切りに、この新ブランドを通して専門性の高い出版を促進する。

【関連記事】
リクルート、電子版『週刊じゃらん』を無料リリース
アマゾンがオンデマンド印刷サービス開始 常に「在庫あり」が可能に
イースト、EPUB3.0コンテンツ制作指針「JBasic」のHTML5対応版を公開
インプレス、電子雑誌の過去記事を紙媒体で出版
三省堂書店、店頭でオンデマンド出版サービス、Googleブックスの洋書200万点も利用可能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/05/22 14:30 https://markezine.jp/article/detail/15696

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング