SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コムニコとスケダチ、インバウンドマーケティング支援サービスを開始

 米HubSpot社は、インバウンドマーケティングの統合ソフトウェアを中小のB2B企業を中心に世界45か国、6000社以上に提供している。同社の提供するインバウンドマーケティングの統合ソフトウェアは、CMS(コンテンツ管理システム)、SEO対策、ブログ作成支援、ソーシャルメディア投稿支援、ランディングページ作成支援、見込み客管理などの各種ツールと、これらを使ったインバウンドマーケティング活動の効果測定・分析ツールなどを一体化することで、マーケティング担当者が特別なサイト作成の知識がなくても利用できるようになっている。

 HubSpot社は、従来の伝統的なマーケティング手法を「アウトバウンドマーケティング」と位置づける一方、ユーザーの検索行為や、ソーシャルメディア、ブログの活動で、潜在顧客に「見つけられる」ことを目指し、潜在顧客側から近寄ってきて、見込み客(lead)化するようなマーケティング手法のことを「インバウンドマーケティング」と呼んでいる。同社のソフトウェアはこの考え方で作られているため、主にB2B企業の利用が中心となっている。

 コムニコとスケダチが日本で展開する「インバウンドマーケティング支援サービス」の提供時期などについては、7月末ごろに発表される。また、コムニコとスケダチは、近日中に、インバウンドマーケティングに関するセミナーなども行っていく予定。

【関連記事】
「仕事で役立つWebサイト」1位は6年連続オムロン、BtoBのサイト充実は重要
マイクロソフト、企業向けSNSのYammerを12億ドルで買収
2014年までにGlobal 2000企業の7割以上が「ゲーミフィケーション」されたアプリを導入
国内ソーシャルメディアマーケティング支援市場、2012年度は69億2000万円に拡大
女性がクチコミしたくなるのはどんなとき?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/07/02 12:30 https://markezine.jp/article/detail/15978

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング