SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2011年度の電子書籍市場は微減の629億円、携帯コンテンツが84%の大幅減

 インプレスR&Dのインターネットメディア総合研究所の予測によると、2011年度の電子書籍市場規模は629億円と推計され、2010年度の650億円と比較すると3.2%のマイナスとなった。新たなプラットフォーム向け電子書籍市場(※)は対前年比363%増の112億円へと急速に拡大しているが、フィーチャーフォンからスマートフォンへのデジタルコンテンツのシフトがスムースに進んでいないことから、ケータイ向け電子書籍市場の落ち込みを補完できていない結果となった。

 ケータイ向け電子書籍市場は480億円と市場の76%を占めているが、フィーチャーフォンユーザーの減少に加え、広告出稿の減少等の影響を強く受け、前年度比84%と大幅な減少となった。

 2012年度以降の日本の電子書籍市場は、ケータイ向け電子書籍市場の減少傾向は続くものの、新たなプラットフォーム向け電子書籍市場の急速な立ち上がりにより、2016年度には2011年度の約3.6倍の2000億円程度になると予測している。

※新たなプラットフォーム向け電子書籍市場:
スマートフォンやタブレット端末向けのアプリストアの電子書籍関連のアプリ、スマートフォンやタブレット端末等のビューワーアプリ経由で購入する電子書籍、Kindleやこれに類似した電子書籍配信サービス、PC・スマートフォン・電子ブックリーダーなどマルチデバイスで閲覧が可能な電子書籍配信サービス、PSPやNintendo DSなどゲーム機向け電子書籍配信サービス等。

【関連記事】
楽天Kobo社、日本での電子書籍事業をスタート
電子書籍を読むときに使いたい端末1位は「スマートフォン」、専用端末は4位
大日本印刷、企業の電子書店構築・運営を支援するサービス
インプレスR&D、Amazonに加えて三省堂のプリントオンデマンドも採用
インプレス、EPUB3とアマゾンPODによる専門書籍出版ブランド「Next Publishing」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/07/04 08:00 https://markezine.jp/article/detail/16001

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング