SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

タブレット・電子書籍リーダーのクチコミの中心は「iPad」【ソーシャルで見るタブレット市場の現状】

「Kindle」のクチコミがトップ

 ニールセンは、「Microsoft Surface」「Google Nexus 7」「Amazon Kindle」「楽天kobo」を対象に、これらの端末がネット上でどのように語られているかについての調査を行った。調査を行った6月1日~7月10日の間にクチコミ数が一番多かったのは「Kindle」で、6月26日に日本でも近日発売されるという予告報道をうけ、1日で4000件近く書き込みが発生した。

タブレット端末、および電子書籍リーダー端末の口コミ数
(期間:2012年6月1日~7月10日)
タブレット端末、および電子書籍リーダー端末の口コミ数(期間:2012年6月1日~7月10日)

 また、「kobo」も7月19日から電子書籍サービス開始との発表を受けて、1500件程度のクチコミが発生。その後も継続して話題となっており、1日平均500件程度の書き込みが持続している。

 「Nexus 7」はGoogleが販売する7インチのタブレット端末。台湾ASUS社からのOEM提供端末を自社ブランドとして発売しており、199ドルと価格が安いことが特徴。「Surface」はMicrosoftがハードまで管理・販売する初めてのタブレット端末。ともに日本では販売の見込みが発表されていないことから、クチコミは2、3日で収束している。

タブレット端末市場の中心は「iPad」

 クチコミの内容を分析すると、「電子書籍リーダー端末」と「タブレット端末」では、購買意欲が書かれたクチコミ比率に2倍近い差が見られ、消費者の「タブレット端末」への期待が高いことがうかがえる。

 以下の図は、購入意欲が書かれた記事を分析し、「欲しい、買いたい」と思ったときに何を意識しているのかを端末ごとに分析したもので、比較のためiPadを追加して分析している。

購買意欲の対象割合比較
購買意欲の対象割合比較

 ここでの「ハード」とは、画面の形や大きさ、薄さ・軽さ、デザイン、カバーなどの付属品も含んでおり、この点が意識されている端末は、iPadとSurfaceで、Nexusは価格、koboとKindleは価格とコンテンツの割合が高くなっている。

 同調査では、購入意欲のあるクチコミの中で、ほかにどの端末を想起しているのかを探るために、同じ文脈で書かれたほかの端末のクチコミ数を調査したところ、どの端末もiPadの想起率が高く、タブレット、電子書籍リーダー端末市場はiPad中心に語られていることが明らかになった。

【関連記事】
新しいiPadは、ディスプレイの美しさが違う
クックパッド、iPadアプリをリリース
タブレット利用が進む米国、ユーザーはPCより「スマホ」に近いと認識
楽天Kobo社、日本での電子書籍事業をスタート
アマゾン、無料で3G無線通信が利用できる「Kindle Touch 3G」発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/07/27 12:50 https://markezine.jp/article/detail/16128

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング