SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

“サイトの安全性”をSEO対策に活かす「ベリサイントラストシール」、その効果を3サイトで検証!

 サイトの安全性を表すマークを検索結果ページに表示する画期的なサービス「ベリサイントラストシール」。SEOサービスで知られるアウンコンサルティングが実際に導入して行った検証をもとに、“セキュリティに配慮したSEO”という観点からこのサービスを紹介しよう。

 検索結果でサイトの安全性を伝える「ベリサイントラストシール」

運営者を確認し、マルウェアテストに合格したサイトに表示できる「ノートンセキュアドシール」
チェックマークが目を引く「ノートンセキュアドシール」

 「ベリサイントラストシール」(※)は、ベリサインがウェブサイト運営者の実在性を確認し、マルウェアスキャンの結果問題がなかったウェブサイトに表示される「ノートンセキュアドシール」を使うことができるサービス。マルウェアが見つかった場合はシールが表示されなくなり、管理者に通知が届くしくみになっている。

※このトラストシールはベリサインサーバ証明書全製品に無料で付いています。

 このサービスのユニークな点は、サイト上に「ノートンセキュアドシール」を表示できるだけでなく、Google、Yahoo!、Bing、gooなどの検索結果ページで、ウェブサイトのリンクの横にそのサイトの安全性の目安となるチェックマークを表示すること。これを「シールインサーチ機能」という。下図はgooでの検索結果だが、一番下のリンクに黄色と黒のチェックマークが付いているのが確認できる。

検索結果に表示されたリンクの横に
黄色と黒のチェックマークが表示されている(「goo」での検索結果)
検索結果に表示されたリンクの横に黄色と黒のチェックマークが表示されている(「goo」での検索結果)

 インターネットにおける安全の目印として認知されたマークは検索ユーザーの視線を集め、リンクのクリックを促進する効果も持っている。マークを表示した結果、アクセス数が増えるといった成功事例も多く出ているという。

 ちなみに、gooOCNウェブ検索BIGLOBEウェブ検索Exciteウェブ検索は、ブラウザにプラグインをインストールしなくても、検索結果にこのマークを表示してくれる。Google、Yahoo!、Bingでは、「ノートン インターネットセキュリティ」や「ウイルスセキュリティZERO」などのプラグインをインストールする必要がある。

 検索結果ページで自社サイトの安全性をアピールできるこのサービス、SEOサービスで知られるアウンコンサルティング社に実際に利用してもらい、SEOの専門家の眼から見たその特徴と効果について語ってもらった。

タイプの異なる3つのサイトに導入

MarkeZine(以下MZ):今回は、アウンコンサルティング R&Dグループ チーフアナリストの古川慎太朗氏に、実際にトラストシールを導入し、効果を検証していただきました。まず最初に、古川さんはアウンコンサルティングのSEOサービスにおいて、どのような役割を担当されているのでしょうか。

古川:弊社のコンサルタントは1件1件のお客様をサポートしているのですが、私は弊社でご支援させていただいているすべてのお客様の順位などの推移を見て、グーグルの全体のアルゴリズムが今どう動いているのかという分析を行い、それに対する対応を考える立場になります。

アウンコンサルティング株式会社R&Dグループ古川慎太朗氏
アウンコンサルティング株式会社
R&Dグループ チーフアナリスト 古川慎太朗氏

MZ:今回、SEOの専門家の方にトラストシールの効果を検証していただくということで、実際にサイトに導入して2週間にわたって検証していただきました(※)。 

古川:導入したのは、弊社が運営している3つのサイトですが、導入にあたっての登録作業は思ったより簡単でした。SSLサーバ証明書の審査と同じく、会社の実在性確認が入るので、それに3~4日かかりました。

MZ:今回、検証に使われたサイトについて紹介していただけますか?

古川:1つ目は「SEO-ch(SEOチャンネル)」というサイトで、これはSEOの情報ポータルサイトです。2つ目の「Global Marketing Channel」は、弊社が注力している海外向けウェブマーケティングの情報サイトです。最後が「More」というサイトで、これは台湾や韓国に旅行に行かれる方が、現地で使えるマッサージや占い、レストランのクーポンを見つけることができる、旅行クーポンサイトになります。

(左から)「SEO-ch」、「Global Marketing Channel」、台湾(台北)の観光情報、予約サイト「More」
トラストインシールを導入した3つのサイト(左から)SEO-ch、Global Marketing Channel、台湾(台北)旅行を楽しむ観光情報、予約サイト【More】

MZ:それぞれテーマも対象ユーザーも異なるサイトですね。どのような検証結果になったのか楽しみです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
B2BとB2Cでは、トラストシールの効果に違いが

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/03/08 20:04 https://markezine.jp/article/detail/16134

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング