SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IMJ、経営の抜本的改革に向けてMBO、上場廃止へ

 IMJ(代表取締役社長 櫻井 徹)は14日、マネジメント・バイアウト(MBO)の一環として行われるビー・ホールディングス(代表取締役 櫻井 徹)による普通株式および本新株予約権に対する公開買付けに賛同。公開買付け後はIMJ普通株式が上場廃止となる予定であることを明らかにした。買付け価格は、普通株式1株につき28,500円、買付予定数は133,127株、買付代金は37億700万円。買付け期間は、8月15日から10月10日まで。

 IMJは、平成8(1996)年に設立。平成13(2001)年には、ナスダック・ジャパン市場(現JASDAQ)に株式を上場し、事業領域を拡大してきた。しかし、デジタルマーケティング市場全体の規模は成長傾向にあるにもかかわらず、同社の売上高は減少傾向にあり、利益面の改善も低水準に留まっている。

 IMJ代表取締役社長の櫻井氏を含む経営陣は、事業領域の再定義し、核となる事業への集中投資のほか、コスト削減、営業体制の強化を含めたグループ全体の統廃合等の抜本的な経営改革が必要と判断。IMJを非公開化することが上場維持にともなうコスト削減と同時に、事業再構築に係る株主のリスク負担を回避し、抜本的かつ機動的な経営戦略を実践するために最も有効な手段であるという結論に至ったという。

【関連記事】
IMJ、ベンチャーキャピタル事業で新会社設立
IMJ、プロのノウハウ満載のインハウスSEOツール
モディファイ、オプトからMBOで独立
CCC、増田社長によるMBO、非上場化を決定
幻冬舎、見城社長によるMBOで上場廃止へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/08/16 12:50 https://markezine.jp/article/detail/16218

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング