SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

厚生労働省、「医療機関ホームページガイドライン」を発表

 厚生労働省はホームページについて、原則として、医療法の規定の対象となる広告とは見なしていない。しかし、美容医療サービスなどの自由診療を行う医療機関において、ホームページに掲載されている情報をきっかけとしてトラブルが発生していることから、「医療機関のホームページの内容の適切なあり方に関する指針」(医療機関ホームページガイドライン)を発表。関係団体などの自主的な取組を促したい考えだ。

 このガイドラインが対象とするのは、インターネット上の医療機関のホームページ全般。さらにそこに張られているリンクやバナーなど。

 ホームページに掲載すべきでない事項としては、「内容が虚偽にわたる、又は客観的事実であることを証明することができないもの」「他との比較等により自らの優良性を示そうとするもの」など7項目を挙げている。また、ホームページに掲載すべき事項(自由診療を行う医療機関に限る )としては、「通常必要とされる治療内容、費用等に関する事項」「治療等のリスク、副作用等に関する事項」の2つを挙げている。

【関連記事】
医療系のネット広告・プロモーションを対象にした「eコミュニケーション大賞」 
米オムニコムとMCIが資本提携、日本・アジアでの医療マーケティング強化
博報堂、医療用医薬品専門の広告会社「博報堂メディカル」設立
広告の文章を入力するだけで薬事法に抵触するかをチェックする「やくじるし」
大塚製薬、iPad1300台を全MRに配布

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング