SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

誰が・何に・いくら支出したのかがわかる「コンテンツファン消費行動調査」

 「コンテンツファン消費行動調査」は、全国の15~69歳男女・計4000名を対象に、エンタテインメントやスポーツなど計11カテゴリのコンテンツに対する消費行動の実態を調査したもの。「誰が」「何に」「いくら」支出しているかの実態把握が可能となる。

 対象となるのは、「バラエティ・ドラマ」「アニメ・特撮」「マンガ・ライトノベル」「小説」「映画」「音楽」「ゲーム」など計11ジャンルのコンテンツ。これらについて、ファン(興味・利用・支出・ファン層別)のボリューム、お金の使い方(パッケージ、ライブイベント、グッズ、有料放送など)を金額ベースで聴取し、選択時重視点、情報源、具体的利用コンテンツを明らかにするとともに、2010年度と2011年度の時系列比較も可能となっている。

【関連記事】
「オタク」市場に関する調査、オンラインゲーム前年度比3割増
ヤフーとnanapiがコンテンツ連携、広告のレベニューシェアも
NAVER、まとめ記事作成者向けに1億点以上の高品質画像コンテンツを提供
検索エンジンから評価されるコンテンツ強化を支援する「コンテンツライティングサービス」
「3D映画」否定派が支持派を上回る

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング