SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マイクロアド、ベトナムにおけるアドプラットフォーム事業へ参入

 マイクロアドは、ベトナム社会主義共和国において現地企業のAmbient Digital Advertising Joint Stock Company(以下、Ambient Digital)と共同で合弁会社「MicroAd Vietnam Joint Stock Company(以下、MicroAd Vietnam)」を設立し、同国におけるアドプラットフォーム事業へ参入する。

 ベトナムのインターネット人口は2011年に約3,050万人と人口の33.7%に達しており、今後インターネット広告市場の急成長が期待されている。

 この度、ジョイントベンチャー形式で事業展開する「Ambient Digital」は2010年設立、アドネットワーク、検索エンジンマーケティングなどオンラインマーケティングソリューションを提供する会社。ベトナムにおいて2,000を超えるサイトを束ね、インターネットユーザーの97%にリーチできるベトナム国内最大規模のアドネットワークを保有している。

 「MicroAd Vietnam」では、ベトナムにおけるディスプレイ広告の一元管理プラットフォーム「MicroAd BLADE(マイクロアドブレード)」を広告主向けに提供を開始。

 「MicroAd BLADE」とは、企業のディスプレイ広告における一連の作業を単一インターフェースから統合的に管理するサービス。2012年10月にAPAC諸国において日中英の言語、通貨に対応し、現地メディアへの広告配信できる。

【関連記事】
リクルート、ベトナムで宿泊予約サイトの運営会社設立
マイクロアド、ディスプレイ広告の屋外配信試験実施
マイクロアド、RTB経由のディスプレイ広告市場規模予測を発表
アジア各国Facebook推定ユーザー数発表、トップ3はインド・インドネシア・フィリピン
mediba、東南アジア3か国に駐在所を新設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング