SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CMerTV、スマホ向けオートプレイ型動画広告スタート~テレビ・PC・スマホでマルチスクリーン戦略が可能に

 CMerTVは、スマートフォン向けに動画広告配信サービス「C-tap(シータップ)」を本格スタートした。「C-tap」とは、スマートフォン上で表示される通常の広告枠に、オートプレイで動画広告を配信するサービス。

「C-tap」サービス概要

 国内のスマートフォン普及率はおよそ20%を超える。年代別には男性30~40代が31%、女性20~30代が37%と最も多く、地方にも拡大しつつある。消費のイノベーターである若年層を中心に、スマートフォンを軸としたマルチスクリーン環境が確立しつつある。

 若年層はSNSやゲームに、女性層はSNSやショッピングに、会社員は移動中にビジネス利用するなど、スマートフォンは幅広い用途と機会で、家庭外における利用時間を大きく拡大している。そして、高い品質の映像や音声を楽しめることから、テレビと同じく表現力が豊かな動画広告に適している。

 同社はこれまで提供してきたPC向け配信に加え、新たにスマホ向けに動画広告を配信することで、広告主の課題であるマルチスクリーン戦略に応える広告メニューを提供する。

 また、「動画広告をタップすると電話がつながる」といった、スマートフォンならではのインタラクティブ性を網羅した広告手法を盛り込み、更に高い広告効果を目指す。

 今後、動画DSP事業にスマホ向けDSP配信を加えることで、同社はアトリビューション分析にも対応する。テレビを中心としたマスメディア広告との連携も図り、スクリーン横断的なキャンペーン展開を可能にし、訴求力の高い動画を軸とした広告戦略を提案していく。

【関連記事】
CMerTV、動画DSPを提供開始、既存のマスメディアと連動・補完する新広告手法が実現
ソケッツ、地域動画情報サービス「みんなのチャンネル」ベータ版提供開始
アドウェイズ、動画共有サービス「niconico」でリワード広告を独占提供
ニコニコ動画、テレビで視聴可能に
「ニコニコ生放送」「ニコニコ動画」の企業活用が4割超に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/12/18 10:30 https://markezine.jp/article/detail/16954

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング