SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NTTドコモとアッカ・ネットワークス、次世代高速無線通信で戦略的提携

 株式会社アッカ・ネットワークスとNTTドコモは、アッカがモバイルWiMAX(以下WiMAX)による2.5GHz広帯域移動無線アクセスシステム(以下BWA)事業者免許取得を目指すための企画会社として設立した株式会社アッカ・ワイヤレスへ、ドコモが出資を行うとともに、事業運営において戦略的提携を行うことで、8月31日、基本的な合意に達した。

 アッカは、ドコモが携帯電話事業者として培ってきた実績・ノウハウなどから、本事業における最適なパートナーと判断し、ドコモはアッカがかねてより掲げてきた「グローバルスタンダードをベースにしたオープン/水平分業モデル」の実現というWiMAX事業における基本方針に賛同し、今回の合意にいたった。

 両社は、アッカ・ワイヤレスを主体として事業免許申請を行い、BWA事業者免許取得後も同社を事業主体としてWiMAX事業を展開する方針。アッカは、アッカ・ワイヤレスに対し有線ネットワークの運用や営業をはじめとする事業運営全般を担い、ドコモは、無線ネットワークの構築および無線技術に関する支援を行う予定。

 なお、アッカ・ワイヤレスは総額720億円程度の増資を予定しており、出資額についてはアッカが連結子会社として経営を主導するために必要な水準である40%以上で約300億円、ドコモが事業者免許申請要件の範囲内の3分の1以下で約190億円とする方針であり、他のパートナーとの提携についても検討を進めている。

 今後、両社は、事業パートナーとして、BWA事業免許申請および免許取得後の事業展開の準備を加速させる。

プレスリリース:アッカ・ワイヤレスおよびアッカ・ネットワークス、NTTドコモが2.5GHz BWA免許取得を目指し事業運営における戦略的提携に合意


この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 20:57 https://markezine.jp/article/detail/1696

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング