SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

GMO NIKKO、米Marin Softwareのプラットフォームと連携、マイクロコンバージョンデータを活用したリスティング広告の自動最適化を可能に

 統合管理型アドプラットフォーム「GMO MARKETING SUITE」と、広告運用プラットフォーム「Marin Enterprise Edition」が連携することで、広告主はアクセス解析データを活用した、より高度なリスティング広告最適化運用が可能となる。

 「GMO MARKETING SUITE」では、広告主が普段利用している自社サイトのアクセス解析ツールで得たデータをリスティング広告配信データと紐づけることのできる機能を実装しており、解析ツールを変更・再設定することなく、外部のアクセス解析ツールのデータを活用することができる。

 また、アクセス解析ツールで計測したマイクロコンバージョンデータを「GMO MARKETING SUITE」に取り込み、リスティング広告配信データと紐づけ、さらにキーワードごとに「Marin Enterprise Edition」と連動させることができる。これにより、各マイクロコンバージョン(※)ポイントのウエイト(最終コンバージョン寄与度)に応じた広告の入札単価の計算および自動最適化運用が可能になる。

※「マイクロコンバージョン」:「購入」や「予約」などといった最終到達点(コンバージョンゴール)までのプロセスもアシスト効果として計測するための指標。

【関連記事】
マリンソフトウェアとオプト、「Marin」と「ADPLAN」の連携強化
マリンソフトウェア、CRITEOとの提携を日本に拡大
複数の広告手法で配信した広告効果を一元管理する「GMO MARKETING SUITE」
GDO、「Rtoaster Ads」で高精度なリターゲティング広告をサイト内外へ配信
ロックオン、第三者配信アドサーバ事業参入へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/01/18 14:00 https://markezine.jp/article/detail/17082

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング