SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日米印中、4か国の消費者比較【新商品に関するグローバル調査】

 ニールセン・カンパニーは「新商品購入に関するグローバル調査」を行い、日本、アメリカ、インド、中国の結果を発表した。

 過去6か月間の新商品購入数については、全体的な傾向として、中国、インドのほうが、日本、アメリカよりも新商品購入数は多くなった。4か国とも「飲料・食料品」の新製品を1つ以上購入した人は、全カテゴリー中、最も多いか2番目に多い。特に中国では、95%もの人が飲料・食料品の新製品を1つ以上購入している。またインドでは全カテゴリー中、「衣料品」を購入した人が最も多い。

日本(Base:All respondents n=506)
アメリカ(Base:All respondents n=506)
インド(Base:All respondents n=501)
中国(Base:All respondents n=500)

 マーケティング・プロモーションの新商品購入への影響については、どの国でも「店頭での商品閲覧」「無料サンプル」「インターネット検索」は購入に大きく影響している。そして、インドでは「プロや専門家から商品について聞く」、中国では「友達、家族から商品について聞く」ことが購入判断に強く影響していることがわかった。

日本(Base:All respondents n=506)
アメリカ(Base:All respondents n=506)
インド(Base:All respondents n=501)
中国(Base:All respondents n=500)

【関連記事】
シニア世代のネット通販、約9割が「楽天市場」利用【シニアの消費に関する調査】
楽天を経由してアマゾンで購入する消費者の行動が明らかに
米国EC市場、12四半期連続で売上成長 消費者の37%「ショールーミングしている」と回答
「消費動向」に関する調査結果発表~プライベートブランド市場は成熟段階へ
誰が・何に・いくら支出したのかがわかる「コンテンツファン消費行動調査」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング