SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本でも「Googleショッピング」の検索結果を「商品リスト広告」ベースの商用モデルへ移行

 「商品リスト広告」は、登録した商品情報を宣伝できるAdWordsの広告フォーマットで、画像、タイトル、価格、プロモーション メッセージ、ショップ名や会社名などの商品情報を追加できる。標準のテキスト広告とは別に、Google検索やGoogleショッピングのページにそれぞれボックスで囲まれて表示される。

AdWords日本版公式ブログより
AdWords日本版公式ブログより

 Googleは今年の2月13日から、日本、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オランダ、ブラジル、オーストラリア、スイス、チェコ共和国でも、Googleショッピングの検索結果を商品リスト広告をベースとした新しい商用モデルへ移行する取り組みをスタート。これによって、現在、Google ショッピングの無料サービスで商品を宣伝している販売者は、今後もアクセス数と商品の表示を維持できるよう、商品リスト広告を作成することになる。

 また、Google AdWordsでは、PC・タブレット・スマートフォンなど多様化するマルチスクリーン環境で効率的にキャンペーンを展開する「エンハンスト キャンペーン(Enhanced Campaigns)」の提供を開始しており、今回の商品リスト広告の利用者に併用を勧めている。

【関連記事】
有償化したGoogleの「商品リスト広告」、クリック・広告費ともに増加
米Yahoo!と米Googleがコンテキスト広告で連携、Yahoo!サイトでAdSenseを表示
「価格.com」実店舗の店頭価格・在庫情報掲載スタート~O2O対応強化 
進むショールーミングの流れ、スマホ版「価格.comバーコードサーチ」提供
大丸松坂屋、Facebook IDでギフトを贈れるソーシャルギフトサービス「贈 okurune」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/02/26 13:00 https://markezine.jp/article/detail/17288

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング