SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

家庭のテレビ画面でニコニコ生放送が視聴可能に

 ドワンゴとキテラスは、3月21日、パナソニックの「ビエラ」「ディーガ」向けアプリケーション「niconico」と、任天堂「Wii U」向けソフト「ニコニコ」の両アプリケーションでニコニコ生放送の視聴が可能になったことを発表した。

 本アプリケーションを使用することで、家庭のテレビ画面で「野球」「サッカー」などのスポーツ中継や、アーティストのライブ、国会中継をはじめとしたニコニコ生放送(一部除く)のコンテンツが視聴できる。

 ニコニコ動画のユーザーは10~20代の若者が多いとされているが、最近では将棋など幅広い世代に受け入れられるコンテンツも増えている。同社は今回の取り組みにより、さらに幅広い年齢層への訴求を目指す。

【関連記事】
ニコニコ動画、テレビで視聴可能に
「ニコニコ生放送」「ニコニコ動画」の企業活用が4割超に
ニコニコ生放送、開始5年目で1億番組突破
動画視聴者数トップ3はGoogle・ドワンゴ・FC2、 視聴時間トップは男性が多い「FC2」
ドワンゴと角川グループの合弁会社「スマイルエッジ」が広告サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/03/21 13:00 https://markezine.jp/article/detail/17467

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング