SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

シニアがよく利用する買い物チャネルは?【シニアの買い物に関する実態調査】

買い物チャネルごとの利用実態

 利用頻度では、男女ともに従来の店舗(対面販売)である「スーパー(GMS)」が「週に1回以上」の利用頻度が最も高く、「コンビニ」がこれに続いた。

買い物店舗(方法)ごとの利用頻度

 一方で、通販や宅配などの非対面販売は、「通信販売(パソコンによるインターネット)」の「1か月に1回以上」の利用割合がおよそ全体の半数近くに達した。これは「百貨店(デパート)」「専門店(小売)」「大型量販店」「ドラッグストア」といった対面販売チャネルとほぼ同等であった。

買い物店舗(方法)ごとの利用金額(月平均)

 利用する金額(月平均)で見ると、「10,000円以上」の価格帯では相対的に顧客単価が高いと想定される「百貨店(デパート)」がトップに。また、「通信販売(パソコンによるインターネット)」は、「スーパー(GMS)」や「大型量販店」と価格帯が均衡する結果となった。

買い物チャネルごとの利用状況・経緯

 「通信販売(パソコンによるインターネット)」での買い物内容を見ると、男性では「書籍や映像・音楽商材」「情報機器」、女性では「一般食品(生鮮食品除く)」「健康食品(サプリメント)」「衣料品(自宅での普段着)」「書籍や映像・音楽商材」が多く挙げられた。

それぞれの店舗(方法)で購入する商品の分類(品目)

 その利用理由としては「値段の安さ」「迅速に買い物できる」「取り扱い商品の豊富さ」が多く挙がった。

 この結果から、通信販売(パソコン)での購買商品は、コンテンツ商材・パッケージ商材のように事前に商品内容がある程度分かっている、手堅い商材を選んでいると推察される。

「対面販売」と「非対面販売」利用の現状

 普段の買い物の商品分類ごとに、「対面販売」と「非対面販売」で購入する割合をたずねたところ、男女ともに、「対面販売」の割合が高いのは、「食料品・医薬品・家電・情報機器」のような消費財と耐久財であった。これらは前述の「スーパー(GMS)」や「各専門店(ドラッグストア/量販店」で購入されている品目と合致した。

普段の買い物で、対面販売と非対面販売で買う割合

 反対に「非対面販売」の割合が高いものには、前述のコンテンツ商材である「書籍や映像・音楽商材」が挙がることに加え、「食料品(サプリメント)」が挙がった。

 シニアの買い物チャネルの利用状況は、「通信販売(パソコンによるインターネット)」の利用頻度(1か月に1回以上)は、「百貨店(デパート)」といった従来の店舗を上回っており、ECの活用はシニア世代であっても当たり前になりつつあるようだ。

【調査概要】
調査手法:WEBアンケート調査
対象者:50歳以上の男女個人(シニアコムMASTER会員)
有効回答数:740人(男性520人/女性220人)

【関連記事】
シニアが使いやすい企業Webサイトとは?スマホサイト1位はホンダ
次はスマホに買換えたいシニア男性は4割も【シニア男性のライフスタイル調査】
シニア世代のネット通販、約9割が「楽天市場」利用【シニアの消費に関する調査】
「シニアのIT情報端末に関するアンケート調査」~スマートフォンが欲しいシニアは41%【矢野経済研究所調べ】
まとめサイト、若者は「娯楽」シニア層では「マスメディアを補完する情報源」として定着【電通PR調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング