SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプト、バーコードお買い物アプリ「ショッピッ!」事業を譲受

 オプトは、O2O市場参入の一環として、コードスタートの株式を2013年1月にアイ・エム・ジェイから100%譲受した。4月から、コードスターが開発・運営する「ショッピッ!」事業を譲り受け、サービス提供を開始した。

 「ショッピッ!」とはバーコードをスキャン、またはキーワード検索をすることで、複数のECサイトや実店舗から最安値や最も現在地に近い実店舗を一括検索できる無料のO2Oアプリ。2013年3月時点で約86万ダウンロード。

 近年、生活者の消費行動は、Webとリアルの境界が曖昧な状態になっている。特に「ショールーミング」と言われる「商品の購入を検討する場合に、実店舗で現物を確かめ、その店舗以外での購買方法も含め比較した上で、最もメリットの高い方法で購入する」消費行動が注目を集めている。

 現状では価格面からオンラインショップで購入するケースが多く、これらの消費行動は実店舗側としては大きな課題となっている。

 このような背景もあり、オプトはO2O構想の実現に向け、「ショッピッ!」のコンテンツを拡充させ、ユーザーにとってメリットの高いサービスに成長させていく。

【関連記事】
カクヤス、商品サンプリング型O2O施策実施
スマポ、小売り向けO2Oシステムパッケージ「スマポ安心ポイント連携」提供
DNPなど、商品サンプルを活用した流通店舗向けO2Oサービス開始
イオン、ソフトバンクのO2Oサービス「ウルトラ集客」導入
DNP、アイディーズと小売向けO2Oサービス分野で協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/04/16 19:54 https://markezine.jp/article/detail/17612

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング