SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイスタイル、全提供サービスの会員IDを連携、ポイントシステムを統合し「ビューティプラットフォーム」構築へ

 アイスタイルは、日本最大の化粧品・美容の総合サイト「@cosme」の会員データベースを基盤とし、化粧品専門店の「@cosme store」、化粧品ECサイトの「cosme.com」との会員IDの連携とポイントの共通化を図ってきた。今回、サロン検索&予約サイト「ispot」との連携を完了させ、アイスタイルの提供する全ユーザー向けサービスの会員IDは「アットコスメ共通ID」へ、ポイントシステムは「ビューティポイント」へ統合された。

 アイスタイルの「ビューティプラットフォーム」は、共通会員IDと共通ポイントシステムを基盤とし、化粧品だけではなく、エステティックサロンやヘアサロンなど美容業界全体をつなぐ、"美容の総合マーケティングプラットフォーム"。アイスタイルは「ビューティプラットフォーム」を通じ、美容に関心の高いユーザーを円滑に流動させ、各サービスの事業支援を加速することで、化粧品・美容業界における新たなバリューチェーンを構築する。

 「アットコスメ共通ID」は、「ビューティプラットフォーム」上にあるアイスタイルグループが運営する全サービスを利用することが可能な共通会員ID。このIDを利用することによって、すべてのサービスをシームレスに利用することができるようになる。

 また、「ビューティポイント」は1ポイント=1円で利用でき、ビューティプラットフォーム上のサービスである「@cosme」の閲覧や、肌診断やゲームなどのコンテンツに参加することで貯めることのできる「ビューティコイン」を、10コインで1ポイントに変更が可能となっている。

【関連記事】
アイスタイル、「@cosme」のオーディエンスデータを外部広告配信へ活用
@cosmeのデータベース、ブログ、ソーシャルをクロス分析できる行動分析ツール「ALCOS」
アイスタイル、シンガポールとインドネシアに海外現地法人を設立
講談社×伊勢丹新宿店、本当に売れてる化粧品のサンプルがもらえるデジタルクーポン
LINE公式アカウントに資生堂「ワタシプラス」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/04/22 17:39 https://markezine.jp/article/detail/17663

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング