MarkeZine(マーケジン)

記事種別

いま話題のトピックが分かる「ユーザーローカルWikipediaトレンド」

2013/07/04 10:00

 「ユーザーローカルWikipediaトレンド」は、Wikipedia日本版の参照回数データをもとに、その日流行っているキーワードをランキング化し、時間ごとの変化や、過去1年間の変化を見ることができる。リアルタイムでできごとを捉えるにはツイートのデータも重要となるため、ツイート時に同時に使用される単語(共起語)も集計される仕組みになっている。

 特定の人名を調査すると、その人がじわじわ人気になってきたのか、それとも、今日突然有名になったのか、過去のトレンドと合わせて調べることができる。また、そのキーワードに関連するツイート、同時につぶやかれているキーワードも調査可能なので、話題になった理由もすぐに判明する。

 このツールでは、毎日の人気キーワードを、カレンダー形式で表示することも可能。昨年の同じ日の人気キーワードも表示できるので、キャンペーン施策を検討するマーケティング担当者にとっても有用な情報となりそうだ。

【関連記事】
Twitterの「トレンド」対応が21地域に拡大
BIGLOBE、Twitterの話題ランキングアプリ「ついっぷるトレンド」
Twitter、タイムラインのつぶやきのキーワードをターゲティング可能に
電通、Twitter上の話題の拡散度合いを測る指標を開発
ユーザーローカル「Social Insight」が複数SNSのクチコミ分析とニュース記事分析に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5